淀江の和傘作り(鳥取県)
石州和紙(島根県)
津軽塗(青森県)
井波木彫刻の作品展高岡銅器の鋳物製造(富山県)
井波木彫刻の作品展(富山県)
若狭塗箸(福井県)
豊岡鞄(兵庫県)
天童木工(山形県天童市)
天童木工(山形県)
大館曲げわっぱ(秋田県)
大館曲げわっぱ(秋田県)
新潟県
鎚起銅器(新潟県)
加賀毛針(石川県)
加賀毛針(石川県)
丹後ちりめん
丹後ちりめん(京都府)

丸の内朝大学との連携事業(終了しました)

乾物5

日本海スタイル事業実行委員会は、10月7日(金)から12月10日(土)までの計8回の講座で、丸の内朝大学とタイアップし、「乾物でひもとく日本海の食~地域の暮らしが見えてくる~」を開講します。丸の内朝大学は、主に、首都圏在住者を対象に出勤前など早朝の時間を活用し興味のあるテーマについて学ぶものです。

今回は講師を務めていただくDRYandPEACEさんとの出会いにより、固定観念にとらわれない新しい乾物の使い方と、日本海の食文化の魅力について知っていただける講座を展開します。

日本海に面した7県と代表的な「乾物」、青森(ほたて貝柱)、秋田(寒天)、新潟(車麩)、福井(昆布)、兵庫(コウノトリ米の米粉)、鳥取(煮干)、島根(わかめ)を軸に、その地域の風土などにも触れながら、なぜその乾物がその地域で作られるようになったのか、現地の人はどう食べているのかを学び、食の実体験をしていただきます。

本講座を通じて日本海側地域へのより深い興味・親近感を醸成する取り組みにしたいと考えます。

 

■第1回 10月7日(金) 乾物でひもとく青森の食

■第2回 10月14日(金) 乾物でひもとく秋田の食

■第3回 10月21日(金) 乾物でひもとく新潟の食

■第4回 11月11日(金) 乾物でひもとく福井の食

■第5回 11月18日(金) 乾物でひもとく兵庫・但馬の食

■第6回 11月25日(金) 乾物でひもとく鳥取の食

■第7回 12月2日(金) 乾物でひもとく島根の食

■第8回 12月10日(土) 【週末開催】日本海の乾物でパーティー (11:00-14:00)開催予定。

時間:各金曜日 7:15-8:15

場所:大手門タワー・JXビル 1F3×3 Lab Future 東京都千代田区大手町1-1-2

 

詳細、申し込みはこちらのサイトをご覧下さい!

アドレス

http://asadaigaku.jp/course/index.cgi?c=zoom&pk=457


イベント関連情報 秋以降も多彩に発信 都心で講座 イベント関連情報 日本プレスセンターでシンポ(終了しました)