たたら製鉄(島根県)
たたら製鉄(島根県)
石州和紙(島根県)
石州和紙(島根県)

温泉津焼 逸品ずらり 大田で恒例やきもの祭り 窯元巡り品定め

温泉津焼の陶器が並んだ窯元で品定めをする来場者

温泉津焼の味わい深い陶器に触れる恒例の「秋のやきもの祭り」が14日、大田市温泉津町温泉津の「温泉津やきものの里」で始まった。陶芸ファンらが窯元を巡り、熱心に品定めしている。最終日の15日には、長さ約20メートルを誇る西日本最大級の登り窯を使った作品の即売会がある。

家族連れや観光客が、やきものの里内の「やきもの館」や周辺の3窯元を訪ね、最大7割引きという特別価格で販売された食器や花器、マグカップなどを買い求めた。近くにある温泉津町特産の「福光石」の石切り場への見学ツアーもあった。

石見銀山遺跡世界遺産登録10周年にちなみ、3窯元が数量限定で用意した大皿、鉢、茶わんといった記念品の販売について、会場内などでこの日から予約受け付けが始まった。

初めて訪れた安来市伯太町東母里の会社員、岩田功さん(70)は「さまざまな色合いの作品がたくさん並び、見ているだけで楽しくなってくる」と話した。

15日は午前8時半から登り窯の窯出しがあり、同10時に即売会が始まる。

祭りは同館とNPO法人石見ものづくり工房が主催。1990年に登り窯の修復を記念して始まり、春と秋に開いている。

(2017年10月15日付 山陰中央新報掲載)


各県ものづくりスタイル 草刈りロボ軽量化/島根県産技センター/2年後商品化目指す 各県ものづくりスタイル 「乗客喜ぶ駅弁作りたい」児童が商品開発挑戦 三江線駅で〝市場調査〟 川本町