津軽塗(青森県)
津軽塗(青森県)
ブナコ・スピーカー(青森県)
ブナコ・スピーカー(青森県)
二唐刃物鍛造所(青森県)
二唐刃物鍛造所(青森県)
津軽塗眼鏡(青森県)
津軽塗眼鏡(青森県)

スイーツ「タルトタタン」マップ発行/弘前

第10版を迎えたアップルパイガイドマップ(左)と新たに発行したタルトタタンマップを紹介する武田さん

弘前観光コンベンション協会は、青森県弘前市内の菓子店などのアップルパイを紹介する「弘前アップルパイマップ」に続き、同市のリンゴのスイーツ第2弾として「弘前タルトタタンガイドマップ」を発行した。同協会では「アップルパイが弘前を代表するスイーツに成長したように、タルトタタンも市内外にPRしたい」と意気込んでいる。

タルトタタンは、形の中にバターと砂糖で炒めたリンゴを敷き詰め、タルト生地をかぶせて焼いたフランス菓子。同市内では、数年前から少しずつ販売店が増えており、マップには9店舗の商品を紹介。アップルパイマップと同様、制作に当たった同協会の観光コンシェルジュらが試食をし、「甘み」「酸味」「シナモン」の強弱を5段階に分けたデータを掲載している。

制作に当たった観光コンシェルジュの武田瑞穂さん(40)は「マップ発行を機に、タルトタタンを扱う店が増えてくれればうれしい」と話した。

2010年から発行しているアップルパイマップも好評で、10月には第10版を発行。47店舗の商品を紹介している。

同協会の白戸大吾観光振興部長は「当初は『弘前でアップルパイは売れない』という定説があったが、マップ発行後、SNS(会員制交流サイト)などでも話題になった。食べ歩きをする人がどんどん増え、イートイン(座って食べられるスペース)を設ける店も増えてきて、街の光景が変わってきた」。第1版から制作に携わってきた武田さんも「当初はこんなに人気が出るとは思わなかった」と振り返り、アップルパイのさらなる発展を期待していた。

両マップとも弘前市立観光館や市まちなか情報センター、市りんご公園、観光案内所で配布。問い合わせは同協会(電話0172-55-3131)へ。

(2017年11月30日付朝刊 東奥日報掲載)


各県ものづくりスタイル 八戸ワイン初仕込み 来年1月に出荷へ 各県ものづくりスタイル 東京ミッドタウンで青森の工芸品販売始まる