津軽塗(青森県)
津軽塗(青森県)
ブナコ・スピーカー(青森県)
ブナコ・スピーカー(青森県)
二唐刃物鍛造所(青森県)
二唐刃物鍛造所(青森県)
津軽塗眼鏡(青森県)
津軽塗眼鏡(青森県)

新たな食感提供へ工夫「横浜なまこ茶づけ」を考案/鳥山寿樹さん(40)

青森県横浜町で17日まで開催中の「横浜なまこフェア」が盛況だ。この時期は出回らない冬の味覚を、本場で手軽に味わえるとあって、会場の道の駅よこはま菜の花プラザと大豆田地区のトラベルプラザ・サンシャインでは、ナマコ料理の注文が相次ぐ。町出身の鳥山さんは1999年、菜の花プラザの開業時から、レストラン鮮菜の調理場に立ち、現在は料理長を務める。
-フェアで人気の新メニュー・横浜なまこ茶づけを考案したきっかけは?
「菜の花プラザができる前から、町おこしグループや町漁協などが参加者を募集して、横浜なまこを喰(く)らふ会を開いていた。それを手伝って、ナマコお茶漬けを出したことがある。近年は喰らふ会に代わる形で、町と町漁協が一般客向けに横浜なまこフェアを開催している。アンケートで高齢者から『もっと軟らかいナマコ料理が食べたい』という意見が寄せられたので、横浜なまこ茶づけとして提供することにした」
-ナマコはどう調達?
「横浜町のナマコ漁は資源保護のため、12月に3回しか行わないので本来手に入らない。ただ、横浜なまこのPRのためにフェアを行っているので、漁協の組合員にお願いして、魚を取るための刺し網に掛かった希少なナマコを特別に提供してもらっている」
-評判は上々のようだ。
「新たな食感を楽しみたい方はなまこ茶づけを、ナマコ本来の歯ごたえを好む方は横浜なまこ丼を選ぶようだ。これにおろしポン酢・白あえ・キムチ味を楽しめる三趣盛や小鉢をセットで注文する方が多い」
-道の駅よこはまの利用客数は県内でも上位。
「レストランに大勢の方が訪れる。メニューの柱は地元のホタテを使った料理。ホタテ塩ラーメン、菜の花とホタテのクリームコロッケ定食が特に人気。できるだけ地元の食材を使いながら、皆さんに喜んでもらえる料理を提供していきたい」

(2017年12月15日付朝刊 東奥日報掲載)

各県ものづくりスタイル 訪日客誘致へ青森市にスキーのレンタル店 各県ものづくりスタイル 米子のホテル「弓浜絣のれん」登場 利用者にアピール