グンゼ苑の蔵
グンゼ苑の蔵(京都府)
黒谷和紙
黒谷和紙(京都府)
由良川
由良川(京都府)
丹後ちりめん
丹後ちりめん(京都府)

京都・綾部の黒谷和紙映像、全国一に 地元FM局が撮影

京都府綾部市黒谷町の黒谷和紙協同組合が制作したプロモーション映像「府指定無形文化財黒谷和紙」が、全国地域映像コンクール(NPO法人地域文化アーカイブス主催)で、最高位のグランプリに輝いた。800年を超える歴史、日本一丈夫とされる和紙になるまでの膨大な工程、地域の思いを美しい映像にまとめている。

黒谷和紙の魅力を表現し、グランプリに輝いたプロモーション映像の1場面

映像は34分間。黒谷町は水が豊富で、かつては大半の世帯が和紙づくりで生計を立てていた歴史や、伝統を受け継ぐ職人の姿を追っている。コウゾの皮を煮て干し、冷水にさらす工程や、作業中に口ずさむ「紙漉(す)き歌」も紹介した。「黒谷和紙は風合いがあって丈夫で書きやすい」との書道家や日本画家の話も添え、魅力を多角的にとらえた。

映像は、黒谷和紙協同組合から依頼を受けたコミュニティーFMラジオ局「エフエムあやべ」(綾部市西町1丁目)が10カ月かけて2600カットを撮った。コンクールでは、伝統を継承する地域の人々の気持ちが強く込められていると高く評価され、全国26点の中から選ばれた。

同組合の林伸次理事長(48)は「これを機にいっそう黒谷和紙のPRに努め、振興につなげたい」と話す。

映像はブルーレイ、DVDを計20セット制作し、黒谷和紙のPRに使うほか、黒谷町の黒谷和紙会館や、JR綾部駅前の観光案内所、市図書館などで無料貸し出ししている。問い合わせは同会館0773(44)0213。

(2017年12月20日付 京都新聞朝刊掲載)

京都スタイル 重さ700キロの杉玉 製作たけなわ/おいらせ町 京都スタイル 全国小中学生ねぶた下絵コンクール 最優秀に横山さん、太田さん/青森