津軽塗(青森県)
津軽塗(青森県)
ブナコ・スピーカー(青森県)
ブナコ・スピーカー(青森県)
二唐刃物鍛造所(青森県)
二唐刃物鍛造所(青森県)
津軽塗眼鏡(青森県)
津軽塗眼鏡(青森県)

全国小中学生ねぶた下絵コンクール 最優秀に横山さん、太田さん/青森

中学生の部最優秀賞を受賞した太田さんの「小湊・雷電宮 七戸尚政と使姫」

小学生の部最優秀賞に選ばれた横山さんの「まもり」

青森市の「ねぶたの家ワ・ラッセ」が募集した「第7回全国小・中学生ねぶた下絵コンクール」の入賞作品が決まり、23日、同所で表彰式が行われた。小学生の部は横山文音(あやね)さん(浜田小2年)の「まもり」、中学生の部は太田空良(そら)さん(五所川原一中3年)の「小湊・雷電宮 七戸尚政と使姫」が最優秀賞を受賞した。
横山さんの作品は若手制作者の細川知敬さんが大きさ約2メートルのミニねぶたに、太田さんの作品は板垣大地さんが約4.5メートルの中型ねぶたにして来年3月31日にワ・ラッセで披露する。
コンクールには、県内各地から前回より20点多い67作品の応募があった。審査員7人が独創性や表現力、構図の見栄えなどを基準に最優秀賞のほか、優秀賞6点、入選19点、佳作5点の入賞作品を選んだ。
昨年は姉の加奈さん(浜田小4年)が最優秀賞に輝いたという横山さんは「自分の絵も本物のねぶたになればいいなと思って描いたのでうれしい。今からどきどきしている」、太田さんは「県内の伝説を探していていい題材を見つけた。これからもねぶたに関わり、発想力を高めていきたい」と喜びを語った。入賞作品は、3月31日までワ・ラッセ内で展示している。
優秀賞以上の受賞者は次の通り。
◇小学生の部▽優秀賞 須藤佑太郎(造道5)横山加奈(浜田4)前田世那(沖館4)
◇中学生の部▽優秀賞 真勢孝哉(大湊2)竹内太樹(沖館3)中村貴斗(同)

(2017年12月25日付朝刊 東奥日報掲載)


各県ものづくりスタイル 京都・綾部の黒谷和紙映像、全国一に 地元FM局が撮影 各県ものづくりスタイル 伝統の味、目屋豆腐の製造始まる/西目屋