天童木工(山形県天童市)
天童木工(山形県天童市)
オリエンタルカーペット(山形県山辺町)
オリエンタルカーペット(山形県山辺町)
三陽製作所(山形県南陽市)
三陽製作所(山形県南陽市)

IoT対応の新工場稼働 寒河江のマイスター

建物の中央部分にガラス張りのコントロールルーム(左)が配置され、作業の効率化などが図られたマイスターの第2工場=寒河江市中央工業団地

 切削工具再研削、特殊工具製造などのマイスター(寒河江市、高井作社長)は、本社工場隣に第2工場を新設し、1月中旬から稼働させた。カメラやセンサーなどを使ったIoT(モノのインターネット)化対応の工場で、個別受注生産の効率化を図るとともに、社員が健康的で働きやすい環境を整えた。

 既存の工場が手狭になり、社員も増えたため当初計画を2年前倒しして新工場建設を進めてきた。本社隣に敷地約5620平方メートルを取得し昨年5月に着工した。新工場は鉄骨平屋、延べ床面積約1580平方メートル。全体が六角形の建物で、中央部分の中2階に工場内を360度見渡せるガラス張りのコントロールルームを配置し、CAD・CAM(コンピューター利用設計・製造システム)でプログラムを作成し各工作機械に指示できるようにした。

建物内には無線LANを整備。センサー、カメラなどをさまざまな所に設置し、インターネットで品質や工程などを監視できるシステムも採用した。品質保証部門の検査室や研究開発ルームも拡充した。

また、社員が快適に作業できるよう、空調や空気清浄機能などさまざまな環境が整えられている。投資金額は約4億9千万円。

同社はさらに、寒河江市三泉にある旧本社工場を医療機器関連の専用工場に改装し、今春から稼働させる予定で、医療機器装置の受託生産を行っていく。

(2018年2月3日付朝刊 山形新聞掲載)

各県ものづくりスタイル 持ち運び手洗い器開発 衛生確保へ産学連携 各県ものづくりスタイル 客の声ヒント 失敗重ね「サバトバ」実現へ/産学連携で乾燥技術開発