たたら製鉄(島根県)
たたら製鉄(島根県)
石州和紙(島根県)
石州和紙(島根県)

三瓶ワインで地域振興 4月オープン石見ワイナリー

ワイン醸造を通した地域振興への展望を述べる浅田博昭社長

国立公園・三瓶山麓の大田市三瓶町に4月15日にオープン予定のワイナリーを運営する石見ワイナリー(大田市大田町)の浅田博昭社長(69)が15日、同市大田町の大田商工会議所で講演し、ワイン醸造を通した地域振興への構想や展望を伝え、事業推進への意欲を示した。

浅田氏は、青森県川内町(現むつ市)でも、知人を介して2001年からワイナリー開設に携わってきたことに触れ、当時の町長から「何とか人を雇ってほしい」と頼まれながら事業を進めたと述懐した。

「リンゴの産地でブドウ、ワインなどできるはずがない」とささやかれながらも、国際審査会で入賞するワインを作り、評価を勝ち取ってきたとし「三瓶でも世界に名の通るワインを作りたい」と意気込んだ。

また、石見銀山遺跡で産出した銀がポルトガルと日本を結び付けた歴史にちなみ、ポルトガルのワイン用品種を植栽したい考えや、ワイナリーでの農作業体験を組み込んだ観光商品の造成といった構想も披露し「町おこしのお役に立ちたい」と力を込めた。

大都市圏から離れた三瓶山麓での従業員確保に懸念もあったというが、ワインブームなどを背景に、若年層を含めて多くの就労希望があると説明。オープン時には7人体制だが、将来的には20人規模まで拡大したい考えを示した。

講演会は市主催で、約120人が聴き入った。

(2018年2月17日付 山陰中央新報掲載)

各県ものづくりスタイル 60年ぶり栽培のイネ「北部」有志ら試食 出雲・久多美 各県ものづくりスタイル 安来 特産イチゴPR 地元の料理店で懐石とランチ販売