津軽塗(青森県)
津軽塗(青森県)
ブナコ・スピーカー(青森県)
ブナコ・スピーカー(青森県)
二唐刃物鍛造所(青森県)
二唐刃物鍛造所(青森県)
津軽塗眼鏡(青森県)
津軽塗眼鏡(青森県)

「ふじ」機能性表示食品登録 つがる弘前農協

内臓脂肪を減らす機能性を表示した「プライムアップル!(ふじ)」

つがる弘前農協(本店・青森県弘前市)は22日、管内で生産したリンゴの「ふじ(有袋)」が、食品の健康効果を表示できる「機能性表示食品」として消費者庁から届け出完了通知を受けたことを明らかにした。同農協によると、リンゴ生果が機能性表示として登録されるのは全国初。4月中旬から「プライムアップル!(ふじ)」の商品名で、「内臓脂肪を減らす」と表示し販売する。

同農協は、リンゴの一層の市場開拓や加工品の高付加価値化のため機能性表示食品制度に着目。農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)、弘前大学、県産業技術センター、市などと2年半の歳月をかけて共同研究した。

研究では、選果した有袋ふじの大きさや等級ごとにプロシアニジン(ポリフェノールの一種)の含有量を測定。1日に果皮、果芯を除き約300グラムを食べることで、内臓脂肪低減作用が見込めるプロシアニジン110ミリグラムを摂取できることが判明し、基準値以上の大きさの有袋ふじを機能性表示食品として消費者庁に届け出、受理された。

同日の記者会見で、工藤文明代表理事組合長は「消費拡大にくみするとともに、生産者にとっても誇りを持って良いリンゴを作ろうと思う契機になれば」と期待感を示した。

同農協によると、今回は17年産の有袋ふじのうち、プロシアニジン含有量など基準を満たした5%を、鮮度を保持するフィルム「P-プラス」で包装して商品化、東京・大阪エリアで販売する。

販売店舗や価格は交渉中で、今後は地元など販売エリア拡大も検討しているという。
販売の問い合わせは同農協りんご部りんご課(電話0172-87-6111)へ。

(2018年3月23日付朝刊 東奥日報掲載)


各県ものづくりスタイル 酒蔵見学し新酒味わう 県外からの赴任者ら 松江 各県ものづくりスタイル 織物産地の小学校、女子全員着物で卒業 京都・与謝野