とうふちくわ作り(鳥取県)
淀江の和傘作り(鳥取県)
弓ヶ浜絣の機織り(鳥取県)

7月1日デビュー JR西・新型観光列車「あめつち」公開

 山陰の山海 車体映え

JR西日本が22日、7月1日から山陰線鳥取―出雲市駅間で運行する新たな観光列車「あめつち」を公開した。外観は紺碧と銀の2色を基調とし、島根、鳥取両県の空や海、山並みなどをイメージしたデザイン。内装は石州瓦など両県の特産や伝統工芸品が取り入れられる予定で、6月11日に披露される。

山陰デスティネーションキャンペーンに合わせて7月1日から運行する観光列車「あめつち」=米子市日ノ出町、後藤総合車両所

あめつちは両県やJRグループなどが7~9月に展開する「山陰デスティネーションキャンペーン」に合わせて、総事業費約2億円をかけて投入。米子市日ノ出町の後藤総合車両所で、報道陣に公開された。

山陰線で2月まで使われていた「キハ47形気動車」(1981~82年製)を改造し、車体の銀色の帯模様は両県の山並みとともに地元に伝わる日本古来の製鉄技術「たたら」にちなみ日本刀の刃紋をイメージ。前面、側面の計6カ所に大山や日本海をモチーフにしたエンブレムを取り付けた。

現地で会見した同キャンペーン協議会副会長の平井伸治鳥取県知事は、デザインについて「山陰の山や海、空が迫ってくるようだ」と表現。会長の溝口善兵衛島根県知事は「老若男女に喜ばれる」とした。

あめつちは2両編成で定員59人(全席指定)。土、日、月曜日を中心に年間150日程度運行する。

(2018年5月23日付 山陰中央新報掲載)

各県ものづくりスタイル エネルギア賞 漆芸家・浅井さんら表彰 各県ものづくりスタイル 鳥取大創立70周年事業 酒米生産プロジェクト 付属農場で学生ら田植え