大館曲げわっぱ(秋田県)
大館曲げわっぱ(秋田県)
樺細工(秋田県)
樺細工(秋田県)
樺細工/制作風景(秋田県)
樺細工/制作風景(秋田県)
川連漆器/制作風景(秋田県)
川連漆器/制作風景(秋田県)
川連漆器(秋田県)
川連漆器(秋田県)

横手産の西洋ナシ、ドライフルーツに 東京駅「のもの」で販売

「のもの」東京駅グランスタ丸の内店で販売されている「スイートシルバーベル」

JR東京駅構内にある地産品ショップ「のもの」東京駅グランスタ丸の内店で、横手市産の西洋ナシ・シルバーベルを使ったドライフルーツ「SWEET SILVER BELL(スイートシルバーベル)」が販売されている。食品製造・販売の三吉フーズ(秋田市、佐藤憲夫代表)が、ジェイアール東日本商事(東京)と共同開発した。

三吉フーズは、3年前からジャムなどの加工に取り組んでいる。東京駅のシンボル「銀の鈴」を英訳すると「シルバーベル」になることに着目し、佐藤代表が7月に秋田市で開かれた「県産食材マッチング商談会」でJR側に商品の共同開発を提案し、商品化にこぎ着けた。

シルバーベルは、和ナシのようなシャキシャキとした食感が特徴の品種。県内では横手市のほか、鹿角市や三種町などで栽培されている。

ドライフルーツは、素材そのものの甘みや酸味にこだわり、砂糖や添加物を使わず仕上げた。西洋ナシは、水分が多く果肉もやわらかいため、加工は難しいとされるが、温度管理を工夫するなどして対応したという。1袋30グラム入り、価格は560円(税込み)。

佐藤代表は「上質な秋田の味を全国の人々に提供する場を得てうれしく思う」、ジェイアール東日本商事の担当者は「安全安心な素材を使った加工品は、首都圏の30~50代女性に人気。秋田の知名度向上や地域活性化につながればいい」と話している。

グランスタ丸の内店は、上野店、秋葉原店に次ぐ3号店として、先月30日にオープン。JR東日本管内の名物を紹介しており、本県からはいぶりがっこや日本酒などの県産品が並んでいる。

(2017年9月13日 秋田魁新報掲載)


秋田スタイル 辛みそガッコ、売れ行き好調 潟上市のしょうゆ店とそば店、農家が開発 秋田スタイル しったけあめ煮 シイタケに麹の甘み