眼鏡(福井県)
眼鏡(福井県)
越前和紙(福井県)
越前和紙(福井県)
若狭塗箸(福井県)
若狭塗箸(福井県)

金属不使用、竹の眼鏡開発 鯖江 丁番、鼻あてを代替

眼鏡枠製造の鯖江工芸(本社福井県鯖江市糺町、笠島豊社長)は、金属を全く使わない竹製フレームなど新たに3商品を開発した。

金属を使わない竹製の眼鏡フレーム(中央)など鯖江工芸が開発した新商品

金属を使わない竹製の眼鏡フレーム(中央)など鯖江工芸が開発した新商品

同社は20年前から国内で唯一、竹製の眼鏡フレームを企画製造している。天然素材のため肌に優しく、軽くて耐久性に優れ、汗をかいても滑りにくい特長がある。

金属アレルギーを持つ消費者の要望に応えたオール竹素材のフレームは、丁番と鼻あて部分で従来使っていた金属部品を、竹と糸で代替して製造した。

竹素材に特殊な表面加工をしてカラー化も図った。竹の色合いを残し、一部にポップな色を付けたり、ツートンカラーにするなど20~30種類を用意する予定。耳にかかるテンプルの先端部に金属を入れ、アセテートで加工することで使用者の骨格に合わせた調整ができる商品も提供する。

新商品は10月11日に開幕するアジア最大級の総合展「IOFT」(東京ビッグサイト)で発表する。価格は10万円前後を予定している。問い合わせは同社=電話0778(51)1665。

(2017年9月20日付 福井新聞朝刊掲載)


15日から販売を始める永平寺町産ニンニクを加工した黒ニンニク 福井スタイル 上志比特産を熟成「黒ニンニク」 永平寺町・道の駅 東京都内の百貨店で新ブランド米「いちほまれ」発売をPRする陣羽織姿の西川知事(中央)ら=23日、日本橋三越本店本館 福井スタイル 新ブランド米「いちほまれ」 福井、首都圏で試験販売