グンゼ苑の蔵
グンゼ苑の蔵(京都府)
黒谷和紙
黒谷和紙(京都府)
由良川
由良川(京都府)
丹後ちりめん
丹後ちりめん(京都府)

グンゼ創業者ゆかりの地巡る 没後100年、京都・綾部で催し

没後100年を迎えた繊維大手グンゼの創業者波多野鶴吉(1858~1918年)ゆかりの地を巡るイベントが25日、京都府綾部市内で開かれた。参加者は波多野の銅像や設立した学校跡などを歩き、蚕糸業を発展させた業績や人柄に思いをはせた。

波多野の銅像を見学する参加者ら(綾部市神宮寺町・南が丘公園)

グンゼ博物苑(青野町)が初めて企画した。参加した市民ら23人は波多野が住んだ社宅を移築した「道光庵」(同)の見学からスタート。波多野が養蚕・製糸技術向上に設立した学校跡地に立つ綾部高・由良川キャンパス(川糸町)の顕彰碑や養蚕神社(並松町)などを巡った。

波多野の記念碑や銅像がある南が丘公園(神宮寺町)では、博物苑の職員が記念碑に遺骨が分骨されており、グンゼの株主総会や新入社員研修などで社員が訪れることを紹介。銅像の前では波多野についてエピソードを交えて「心が温かく、物を大切にした」などと人柄を語った。

参加した大槻美代子さん(72)=同市位田町=は「鶴吉さんは教育に力を注ぎ、良い製品を作ることを実践された。知らないこともあって綾部の魅力を再発見できた」と話した。


京都スタイル 伝統磨いて世界へ飛躍 京都の企業で続く革新 京都スタイル 高校生クッキー、W受賞 「私、綾部高校出身です。」