新潟県
 
新潟県
 
新潟県
 
新潟県
 

「五泉ニット」商標登録 地元組合出願 ブランド化に弾み

地域名と商品名からなる地域ブランドを対象にした国の地域団体商標制度に、「五泉ニット」が商標登録された。県内では11件目で、出願した五泉ニット工業協同組合は「消費者に『五泉といえばニット』と認知してもらえるよう、発信力を強めたい」と意気込む。

制度は、特産品の競争力強化と地域経済の活性化を目的に、2006年にスタート。隣県で知られていることなどが登録の条件で、団体の構成員以外の不正使用や類似品販売を防止するといったメリットがある。

10月末現在、全国で特産品や温泉、商店街など619件が登録されている。県内では「小千谷縮」「村上木彫堆朱(ついしゅ)」「越後湯沢温泉」などがある。

組合は安価な海外製品の流入やアパレル不振といった厳しい環境を打開しようと、15年度から「五泉ニット地域ブランド化」事業に着手。事業の一環として15年11月に出願した。マーケットに浸透しているかどうかを証明する資料などの提出を経て、今年10月に登録された。

組合は独自のブランドマークを2月に発表。秋からは一部のメーカーが、マークのタグを付けた商品の販売を海外の小売店で始めた。高橋雅文理事長は「商標登録はブランド化事業を後押ししてくれる。今後のビジネス展開の弾みになっていくだろう」と展望した。

(2017年11月16日付 新潟日報朝刊掲載)

 


新潟スタイル 求む! 木工技術の継承者 三条市が研修生募集 新潟スタイル ものづくりの技で記念切符、第6弾  道の駅 燕三条地場産センター