新潟県
 
新潟県
 
新潟県
 
新潟県
 

青いざらつき紙は集中力向上 長岡技科大が発表 「脳の活性化促す」夏にも商品化

青くざらついた紙を使う効用について発表した長岡技術科学大の中川匡弘教授(右)

長岡技術科学大は10日、青くてざらつきのある紙を筆記するときに使うと、白い滑らかな紙を使うよりも集中力が約1.5倍向上するという研究成果を得たと発表した。色と感触が脳の活性化を促す作用があるとみており、ノートなどに採用すれば、学習効果を高められる可能性もある。

同大技術科学イノベーション専攻の中川匡弘教授が、製紙大手の王子ホールディングス(HD)と共同研究した。王子HDの子会社が今後、研究を基に色や材質を最適化した紙「OKシナプス(仮称)」を製造する。すでに学習帳や手帳などのメーカーから引き合いがあり、今夏にも商品化される見込みという。

中川教授らは昨年、長岡技科大の学生ら20代の男女計75人を対象に、脳波測定器を装着して実験した。白と青、黄、ピンクの色、表面のざらつきや厚さなどを変えた約20種類の紙を使い、それぞれの紙で計算力、記憶力、論理力を測るテストを実施した。

その結果、青く適度にざらつきのある紙を使用した場合は、三つの能力を数値化して総合した「集中力」が、白い滑らかな紙を使ったときに比べて58%向上することを確認した。滑らかな青い紙でも27%高まったという。

中川教授は10日の記者会見で「嫌悪感のない色や、紙の感触が脳を活性化するのではないか。小学生などのほか、認知症の抑制にも効果が確認できれば、医療分野にも活用できる可能性がある」と指摘した。

 

(2018年1月11日付 新潟日報朝刊掲載)

新潟スタイル レコード盤のそり矯正 よりくっきりした音質に 新潟スタイル 事業者の半数「後継者がいない」 次代への引き継ぎどうする?