新潟県
 
新潟県
 
新潟県
 
新潟県
 

燕産スケート刃 出来栄え好感触 開発研究会が試作品完成 元選手ら新潟でテスト 課題も確認

ブレードの試作品を使ったテスト=20日、新潟市中央区

フィギュアスケート靴のブレード(刃)作りに取り組む燕市の開発研究会が試作品を完成させ20日、新潟市中央区の新潟アサヒアレックスアイスアリーナでテストを行った。元選手らが靴に装着して氷上を滑り、出来栄えを確認した。

研究会は燕の9社で組織し、県スケート連盟などの団体が協力。昨年8月に発足し、今年1月に試作品作りに着手した。会員企業や協力企業がレーザー加工や研磨、溶接などを分担し、固さなどが異なる4種類の材料で試作品を作った。

20日は元選手で国際スケート連盟認定の技術審判員(41)=福岡県=と、新潟県スケート連盟理事長(46)らがテストに参加。試作品に加えて市販の海外製品を交え、左右の靴に別々のブレードを付けた。元選手たちは氷上を滑ったり、スピンしたりして試作品の具合を確認した。

テスト後、審判員の男性は「市販品よりも確実に滑るものもあり、好感触だ。一方、最初に氷に乗った時に違和感があり、検証が必要だ」と述べた。県連盟理事長は「可能性を感じるブレードができつつあり、良い方向に伸ばしていきたい」と語った。

テスト後は燕市役所で開発研究会の会議があり、会員や審判員の男性らがテストの結果などを話し合った。2018年度以降は試作品の強度を確認するなどし、試作を繰り返していく方針。

研究会会長で、徳吉工業の社長(46)は「2人からは今後の方向性のヒントになる言葉もあった。ゆくゆくは一般の人だけでなく、選手が競技で履けるブレードを作りたい」と話した。

(2018年3月21日付 新潟日報朝刊掲載)

新潟スタイル 全固体電池 25年実用化へ  長岡技科大・本間准教授ら開発 新潟スタイル 道の駅「燕三条地場産センター」 技術アピール金属製切符 リニューアル2周年