ホタテ
リンゴ畑
紅葉の十和田湖
冬の八甲田
不老ふ死温泉の露天風呂
青森ねぶた

夜空焦がし馬ねぶた昇天/つがる馬市まつり閉幕

馬市まつりのフィナーレを飾る「新田火まつり」で、火を放たれ燃え盛る馬ねぶた=27日午後7時50分ごろ、つがる市

青森県つがる市最大の祭り「馬市まつり」は最終日の27日、馬ねぶたパレードと新田火まつりを行った。パレードには25台の馬ねぶたが登場。日が暮れると、馬ねぶたに火が放たれ、観客らは夜空を焦がす炎を見つめながら新田開発、農耕生活を支えた馬たちの冥福を祈った。
馬ねぶたパレードは29団体、市民約1600人が参加。東北防衛局の協力で米陸軍軍楽隊も加わり、流し踊りやよさこいソーラン、仮装行列などが披露された。
市内の大学生成田美咲さん(20)は「羽目を外す大人たちの姿がかわいい」と見物を楽しんだ。
新田火まつりは午後7時から、イオンモールつがる柏駐車場で開催。三味線演奏やたいまつを掲げた幽玄な踊りで、馬への感謝の念を表現。続いて火が放たれた馬ねぶたが激しく燃える中、夜空に花火が打ち上げられ、3日間の祭りは最高潮に達した。
五所川原市の会社員秋田谷洋高さん(40)は「今年は馬の燃え方に勢いがある」と感動した様子。最後の花火が打ち上げられると「これで夏が本当に終わった感じ」と寂しそうに話した。

(2017年8月28日付朝刊 東奥日報掲載)


青森スタイル キバナコスモス見ごろ、津鉄沿線彩る 青森スタイル 【さい出発 佐井村「漁師縁組」移住者の夏】亀ケ澤大仁さん(46)/宮古市出身