ホタテ
リンゴ畑
紅葉の十和田湖
冬の八甲田
不老ふ死温泉の露天風呂
青森ねぶた

Uターン支援へ窓口 先月から23人相談/青森市議会

青森市議会は6日、一般質問を行った。Uターン就職促進のため、市が「Uターン就活サポートデスク」を市役所内に8月1日に設置し、これまでに23人から相談が寄せられたことを小野寺晃彦市長が報告した。工藤健議員(市民クラブ)の質問に答えた。
サポートデスクは、県外の大学や専門学校などに通う新規大卒者や、市内企業への転職を考えている県外の人のUターン就職活動を支援する。
職業の選択などに関してアドバイスや指導を行う「キャリアコンサルタント」の資格を持った相談員1人が市経済政策課に常駐し、市内企業の採用情報を紹介したり、その人に合った就職先を一緒に考えたりする。さらに、首都圏で開かれる就職説明会などで相談窓口を設けるほか、11月ごろにはインターネットの専用サイトを開設する予定。
同課によると、設置から5日までの約1カ月間で、同課を訪れた人が9人、メールで相談を寄せた人が1人、県が東京で開いた移住相談会の同市のブースに来た人が13人だった。
小野寺市長は「地域企業とUターン人材の橋渡しをし、地域経済の好循環につなげたい」と述べた。
一般質問は全部で7議員が行った。

(2017年9月7日付朝刊 東奥日報掲載)


青森スタイル 山車や囃子、十和田市秋まつり8日開幕 青森スタイル 北前船主と野辺地商人の交流 企画展で紹介