新温泉へ移住・定住体験 3月4、5日に初のツアー 焼き肉食べながら交流も

新温泉町は3月4、5日、移住・定住体験ツアーを初めて実施する。空き家の見学や、移住者との交流などを予定しており、参加者を募集している。

町は昨春、町内の空き物件を移住・定住希望者に紹介する「空き家バンク制度」を導入。家屋、店舗計13軒を登録している。
4日は午前8時、送迎バスでJR大阪駅を出発。午後から湯村温泉街などを散策し、「バンク」に登録された空き家2軒を見学する。夜は、但馬牛の焼き肉を食べながら地域おこし協力隊員ら移住者と交流し、町内のログハウスに宿泊する。5日は移住相談会があり、温泉施設で入浴する。午後7時、大阪駅着の予定。
参加は先着4組。1グループ2~5人で、個人参加はできない。参加無料(昼食などは実費が必要)。申し込みは名前や住所、年齢、参加人数などを書いて、町商工観光課へファクス(0796・82・3054)などで。同課TEL0796・82・5625

(2017年1月21日付 神戸新聞掲載)


兵庫・但馬スタイル 在りし日の姿を克明に 竹田城見取図 27年ぶり復刻 戦国時代の絵図模写 天守閣や眺望台、細かく描く 兵庫・但馬スタイル 神戸から憧れの田舎暮らしへ 豊岡にIターンし起業 築140年の古民家改装し