光の大輪 参道に浮かぶ/大山

ライトアップされ、幻想的な光を放つ和傘=鳥取県大山町大山、大山寺

大山の夏を彩る風物詩「お盆の大献灯」が11~15日に鳥取県大山町大山の大山寺周辺で行われる。9日夜に内覧会があり、ライトアップされた和傘、灯籠からこぼれた幻想的な光が来場者を魅了した。

大山寺参道から大神山神社奥宮参道にかけてろうそく500本、絵灯籠25基、和傘100本を設置。午後7時半のライトアップとともに和傘に光がともると、来場者は歓声を上げ、記念撮影を楽しんだ。

大献灯は大山観光局などで組織する大山夏祭り実行委員会が開催。和傘の点灯は11~13日にいずれも午後7時半に始まり、最終入場は同9時半。料金は中学生以上300円。

(山陰中央新報 8月10日付)


青森スタイル 川を下る鎮魂の炎/黒石・大川原火流し 鳥取スタイル しゃんしゃん涼の音/鳥取