全共「7区」部門で日本一/鳥取和牛 都内でPR/平井知事

来館者に鳥取和牛の試食を勧める平井伸治知事(右)=東京都港区、とっとり・おかやま新橋館

仙台市でこのほどあった第11回全国和牛能力共進会(全共)で、鳥取県の鳥取和牛が肉牛と種牛を合わせて評価する「第7区」の肉牛部門で日本一に輝いたことを受け、平井伸治知事が15日、東京都港区のとっとり・おかやま新橋館でトップセールスを行った。

同館では「鳥取和牛日本一感謝祭」として30日まで和牛の販売を行うほか、16日から3日間、館内のレストランで鳥取和牛のローストビーフ丼を1日29食限定で振る舞う。

平井知事は「うま味成分のオレイン酸を豊富に含んでいて、舌の上でとろけるようなおいしさ」とPR。一口大に切った和牛のもも肉を焼き、来館者に手渡した。

(2017年9月16日付 山陰中央新報掲載)


鳥取スタイル 地方の町村の課題、魅力は…/大学生の「スタディツアーinなんぶ」始まる/Iターン若者と意見交換 鳥取スタイル 伯耆町のまちづくりに一役/町開設ジムでノウハウ伝授/経験買われCATVのアナ/福岡出身の矢野さん夫妻